TeRu'sBlog FPS

FPS(主にSA)についてや、osu!の話、マウスやキーボードなどのデバイスについて紹介していくブログ

FKを2か月ほど使ってみて@レビュー 

今回紹介するマウス、FKはcsのプロゲーマー、neo氏が開発に携わったことで一躍有名になってなったものです。

会社はzowie これまでに出たマウスで一番有名なのはec1evoですね。

steelやrazerなどと違い、ノンドライバーで使えるシンプルなつくりであるところがこの会社の最大の特徴です。


<形状>
いわゆる左右対称マウスです。これまで私は一度ie3.0からimoに編国したことがありましたが、その時は違和感しかなく、すぐに妥協しました。

しかし、今回のFKというマウスは、ieやdeなどの左右非対称(エルゴノミック)マウスからの乗り換えも十分可能です。

理由は

1 表面がラバーコーティングされているため、手が汗をかいても滑りにくい

そのためしっかりとグリップすることができ、安定したaimができます。

2 高さが低いため、よりしっかりとつかむことができる

imoやie、deなどは高さが高く、そのためマウスがマウスパッドから浮いている感覚がしましたが、FKの場合はそのようなことはまったくありませんでした。また、クロウグリップ向けとして発売されましたが、被せでも1.2の理由のため全然問題なく使えます。

3 軽く、それでいて重心は下にある

これがこのマウスの一番いいところだと思っています。重心がどっしりと下にあるため、真横に真上にaimがしやすく、また軽いためローセンシの方でもぶんぶん振りまわせます。

<設定>
解像度(DPI):450/1150/2300dpi、USBポーリングレート:125/500/1000Hz とそれぞれ3種類しかありません。

また、この設定はpcに差し込むときに、サイドボタンを押すことによって変更できます(簡単です)

ここは好みが分かれるところです。dpiをどうしても100単位で変えたい、って方にはオススメしません。

私はドライバーをいちいちいじるのが面倒なので、この方が好きですね。


<リフトオブディスタンス>
一言でいうと、すごく短いです。

1.5~1.8mmほどしかないため、少し持ち上げるとすぐに動かなくなります。

これも好みによりますね。マウスを浮かせて移動させることが多い人にとっては慣れが必要。ですが一旦なれれば、こちらの方が確実に安定します。

<クリック>
よく固い!と言われます。
確かにimoやieのようなマウスと比べると固いですが、それでもDEと大差がない程度です。
AVAなどで高速タップを必要とする方にはきついのかもしれませんが、他は問題ないと思います。
寧ろしっかりとした感触があってgg

<ホイール>
DEと全く同じかなーと言う印象。
そこそこ固く作られているため、回すのとホイールクリックを誤作動した!なんてことにはならないです。


<値段>
多少高いです。シンプルなつくりで7000円?え?って正直最初はなります。

ですがその分だけの価値は確実にあります。


なお、現在SAで使っていますが、酷い加速を感じたり、ポインタ飛びなどは一切ありません。

とりあえずこんなところかな・・・質問があれば気軽にコメントどうぞー。




スポンサーサイト

category: デバイス

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ronsenberg.blog.fc2.com/tb.php/36-98f5c8b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)